卒業生の声

卒業生の声

青山学院女子短期大学 こども学科 在学 (東京都)

入学してからは、授業内容、環境が充実し、良い学びが出来ていると日々実感しています。学科の勉強を通して、保育士、幼稚園教諭二種の免許取得に関する内容だけでなく、現代の子ども、またその家族が置かれている現状、保育士不足、待機児童の問題などを先生方と共に考えながら学んでいます。先生方の話は自分の考えを発展させ、違う視点を与えてくれるようなものばかりで、日々多くのことを吸収できていると感じています。
学科以外の学習では、体育実技で多くの科目が用意されていたり(ピラティス・コンディショニング・ゴルフ・フラ等)、小説家の先生から直接指導の下、小説を書くことに取り組む授業があったりと他大学ではなかなか経験することのできない授業が多くあることも本学の魅力だと実感しています。

2015年度卒業生  三浦 芽生
(緑が丘中学校 出身)

帝塚山大学 法学部 在学 (奈良県)

私は高校3年時、公務員(警察官)になりたいと考えていました。先生といろいろな話をし、警察官になりたいのなら帝塚山大学で目標をもって4年間過ごせば必ず良い結果になると教えていただいたことが志望のきっかけでした。
現職の警察官に講義に来ていただいたり、講義中公務員試験によく出る問題を教えていただいたり、常に警察官を目標として学習ができることは心強いです。北海道を離れて大学生活を送っていますが、関西で生活をして約1年が過ぎ、とても有意義な時間を過ごせていると感じています。
人柄というのは土地それぞれ違いますが、関西の人達は良い人ばかりです。親身になって接してくれて、助けてもらったことも何度もあります。北海道外へ興味のある方は、是非、道外進学を考えて見てください。

2015年度卒業生  永沼 悠汰
(神居東中学校 出身)

立教大学 コミュニティ福祉学部 福祉学科 在学 (東京都)

私は、社会福祉士を目指し、立教大学への進学を決めました。明成高校では、福祉について学びました。最初は難しいイメージがありましたが、やってみると授業や実習を通して身近なことを学ぶことができて、とても楽しい勉強でした。福祉を学ぶ中で、人の話を聞き、アドバイスをするような仕事に魅力を感じるようになり、社会福祉士を目指すようになりました。
大学では、福祉の勉強だけではなく英語の勉強にも力を入れて、海外の福祉事情について研究したいと思っています。また、入学後に始めたラクロス部の活動との両立を頑張りたいです。

2016年度卒業生  奥平 千智
(富良野東中学校 出身)

稚内信用金庫 就職 (北海道)

稚内信用金庫に就職をして、お金を取り扱うことの責任感ややりがいを感じています。
窓口業務をやっていて、お客様からの「ありがとう」というなにげない言葉や、私の窓口に何度も来てくれることが本当に嬉しくやりがいを感じます。また、明成高校のOBやOGの方が多くいるので、相談に乗ってくれたりすることも大変助かっています。
資格の取得や仕事を覚えていくことはまだまだありますが、頑張って行きたいと思います。

2015年度卒業生  千葉 真利菜
(北門中学校 出身)

ページトップ