卒業生の声

卒業生の声

北海道大学 経済学部

『学びの設備が整っている』
旭川明成高校には、あなたの学びをサポートする設備が揃っています。親身になって将来を一緒に考えてくれる先生方もいます。1度しかない高校の3年間を精一杯の努力をして過ごすのも、何も考えずにただ 生きるのも自由ですが、努力した分だけ先生方は応えてくれるし希望する進路にも近づきます。決して楽な道のりではなかったですが、第1志望の北海道大学へ進学することができました。

2018年度卒業生  髙橋 駿輔
(中川町立中川中学校 出身)

旭川信用金庫

『資格取得ができる!』
私が高校生活で一番頑張ったことは、より多くの資格・検定を取得することです。就職した今、取得した資格が役立つ場面が多いです。明成高校の先生方は悩んでいる時には親身になって話を聞いてくれたり、アドバイスをしてくれます。就職した今でも気にかけてくれる先生方がいることがすごく嬉しいです。中学生の皆さんが明成高校での生活を通して夢が実現できるように願ってます。

2018年度卒業生  大和 桜子
(旭川市立忠和中学校 出身)

小樽商科大学 商学部

『部活と勉強が真剣にできる』
私は野球部に所属しながら、国立大学を目指して日々勉強してきました。私はどちらも真剣に打ち込めたからこそ第1志望の大学に合格できたと思っています。旭川明成高校には部活も勉強も両方真剣にできる環境が充実しています。大学は高校よりも難しく、専門的な勉強で大変ですが毎日充実した楽しい生活を送っています。皆さんも旭川明成高校で充実した3年間を過ごしてください。

2018年度卒業生  山保 健太郎
(旭川市立緑が丘中学校 出身)

空知支庁空知総合振興局 札幌建設管理部 関西大学 社会安全学部安全マネジメント学科 卒業

『努力することの大切さ』
高校時代は、放課後に学校で勉強をし、先生方に添削指導をしてもらい学力が伸びていきました。また、硬式テニス部に所属し、勉強と両立しながらテニススクールにも通い練習をしていました。関西大学では、熊本地震における外国人留学生の情報取得行動について研究をし、アーチェリー部に所属して王座優勝を目標に練習に励みました。

2012年度卒業生  平山 裟彩
(旭川市立北門中学校 出身)

北海道教育大学 函館校国際地域学科地域協働専攻

『良い環境での学び』
私は、明成高校で多くのボランティア活動に参加をして、コミュニケーション能力や幅広い人間関係を築くことができました。勉強面では、放課後に先生方が講習をしてくださり、自分達の進路を実現できるように協力してくれます。進路を実現させたい中学生、まだ進路が決まってない中学生はぜひ、旭川明成高校で自分の夢を叶えてはいかがでしょうか?

2018年度卒業生  花本 拓巳
(旭川市立忠和中学校 出身)

ピアニスト 京都市立芸術大学 音楽学部 ピアノ専攻

『ピアノと勉強の両立』
私は、ピアニスト、ピアノ講師として充実した日々を送っています。高校時代は先生方が熱心に、宿題を毎日細かく添削し、時には習熟度や興味に合わせた課題を個別に用意するなど真剣に向き合って下さったので、苦手だった部分が解消されました。その結果、「学ぶ楽しさ」が分かるようになり、無理なくピアノとの両立を叶える事が出来ました。

2009年度卒業生  渋谷 藍香
(北海道教育大学附属旭川中学校 出身)

ページトップ