ICT教育

最先端で学ぶICT教育

従来の黒板に代わり電子黒板と校内Wi-Fiを完備。
タブレット端末とともに授業の中に動画や音声といった新しい要素を取り入れることができます。

1人1台のiPad

旭川明成高校では、生徒全員がiPadを活用しています。1人1台ずつタブレット端末を持つことで、調べ学習やプレゼンテーションなどの質・スピードが上がり、学習理解度を効果的に高めることができます。学校の連絡はもちろん、授業で使用するプリント、教材もiPadで配布します。

本場の英語をリアルタイムで

英語の授業では、iPadを使用して外国人との会話をリアルタイムで体験できます。

家庭と学校との密な連絡を

iPadは家庭に持ち帰り、学校の連絡や授業の準備などにも役立ちます。学級通信なども配信することができるので、学校との関わりをより確かなものにできます。

Benesseとソフトバンクの合弁会社が作成したICTを使って生徒の学習をサポートするシステムです。
本校では主にiPadで利用することが多いですが、自宅のパソコンやスマートフォンからも利用することができます。

先生と生徒の間で、データの送受信が行えるアプリです。
たとえば、授業中の練習問題を解いて先生に送ることや、先生が学習プリントや動画、音楽を生徒に配布することができます。
アプリ上で書き込むこともできますし、ページを複数使って、プレゼンテーションをおこなうこともできます。

e-Learning

明成高校では様々な用途に合わせたeラーニングを準備しています。
自分のiPadやコンピュータ室のパソコンを使い、自分のペースで勉強ができます。



学び直し、苦手克服の「すらら」

本校には部活で全国大会を目指す生徒から、一般受験で難関国公立大学への進学を目指す生徒まで在籍しており、生徒によって目標とする進路や学習進度は異なります。
そのため、本校ではeラーニング教材を活用し、既習範囲の学びなおしから高校の先取り学習まで、自分のペースでいつでも授業を視聴できる環境を整えています。

受験に対応「スタディサプリ」

レベル別5教科13科目2000講義の講義動画。予備校プロ講師の丁寧な講義により苦手分野の内容理解を進めます。
講義には確認テストがついており理解度がはかれ、苦手克服を実現します。

ICT教育のメリット

授業が分かりやすくなる “理解度向上”

電子黒板によって、写真・動画・立体図形といった、黒板では表現できないコンテンツを表示することができます。iPadを使った学習では、映像や音声などを利用したり、タッチパネルで動かしたり拡大したり、調べ学習・グループ学習に活用したりなど、従来の授業より多角的に学習ができ、多様性があります。
例えば数学では図形を動かすことで視覚的な理解が深まったり、国語では漢字の書き順を視覚的に学べたり、英語のリスニングなどが従来よりも簡単にできるようになったりします。

双方向授業 “協働学習で学び合い”

教師iPadから、生徒iPadへ問題プリントを配信できます。
生徒の解答経過をリアルタイムに電子黒板に投影することができます。
また、全生徒の解答を画面に表示させて比較しあったりすることができます。

ページトップ