理事長・学校長挨拶

理事長・学校長挨拶

 旭川明成高校は今年21周年を迎える、まだ若々しい高校です。この21年間、ひたすら教育内容の向上につとめ、地域の皆さまに支えられ、着実に歩んでまいりました。とりわけ今春は、その実績が評価されて多くの入学者を迎えることができ、深く感謝しております。
 本校は、これまでの実績を土台に、さらに大きく進化、飛躍します。iPadを全員に配布しておこなうアクティブ・ラーニングは、教師の説明をひたすら記憶するこれまでの教育とは違って、クラスメートと一緒に考えながら、より広く深く学ぶ方法です。この方法は、今後の大学進学の方向と結びついています。また、社会人として仕事をするためにも役立ちます。
 また、進路指導に力を入れています。あえて特進エリアを廃止して、習熟度別に授業を展開することにしました。自分の進歩を確かめながら、一歩一歩大学進学に向けての実力をつけるためです。そのためのすぐれた環境を整え、教員は一人ひとりの課題にアドバイスし、全力で応援します。
 さらに、在学中の成績で進学できる指定校推薦枠が555人分あります。どこに進学すべきか、一人ひとりに、進路担当や担任など複数の教員が親身になって相談に乗ります。もちろん、専門学校への進学や就職についても全力でサポートします。「進路の明成」を信頼してください。
 見学旅行では、グローバルな視野を育むために、親しい友人とともに国内外の地域・都市を自分で選び、教員が引率するグループ別の旅行を行ないます。そのために、話せる、使える英語教育を充実し、「英語教育の明成」をめざします。
 また、ボランティア活動を通じて地域社会の課題を知り、その解決のために貢献するという経験をしてもらいたいと思います。課題に取り組む大人の方々から学ぶことも多いと思います。社会人として成長してください。
「グローバルに考え、ローカルに行動する」、"Go Glocal" が明成の合言葉です。

   旭川宝田学園は、3つの教育目標を掲げています。
3つの教育目標

 皆さんのご入学を心からお待ちしています。

五十嵐 敦子

学校法人旭川宝田学園 理事長
旭 川 明 成 高 等 学 校 校 長
五十嵐 敦子

ページトップ