保健室

学校感染症による出席停止について

保護者様
生徒が学校感染症にかかった場合、本人の健康回復と他への感染防止のために出席停止となります。
学校において予防すべき感染症の種類は以下の通りです。

学校において予防すべき感染症の種類

第1種
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体が SARSコロナウイルスであるものに限る)、鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルスA属
インフルエンザウイルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る)
第2種
インフルエンザ、百日咳、麻しん、流行性耳下腺炎、風しん、水痘、咽頭結膜熱、結核、髄膜炎菌性髄膜炎

第3種
コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他の感染症?溶連菌感染症、マイコプラズマ肺炎、流行性嘔吐下痢症(ノロウイルス、ロタウイルス)等〜

ページトップ